使用例

RS.MoveFirst

Do Until RS.EOF
    Debug.Print RS.Fields(0), RS.Fields(1), RS.Fields(2)
    RS.MoveNext
Loop


MoveFirst 先頭へ

MoveLast 最後へ

MoveNext 次へ

MovePrevious 前へ

Move番号 指定した数を次へ


レコードセットにレコードがない時 BOF=True EOF=True

CursorTypeが既定の adOpenForwardOnly の時に、前方以外に移動するとエラー

BOF=True の時に MovePrevious するとエラー
EOF=True の時に MoveNext するとエラー


Do
    Debug.Print RS.Fields(0), RS.Fields(1), RS.Fields(2)
    RS.MoveNext
Loop Until RS.EOF ←後ろでやるとエラーの原因


 ↓ facebook のフォローで応援してください。お願いします。



Microsoft Office ブログランキングへ