Sub test2()
    Dim CN As ADODB.Connection
    Dim RS As New ADODB.Recordset
    
    Set CN = CurrentProject.Connection
    
    RS.Open "tbl法人名簿", CN, adOpenStatic, adLockReadOnly
    
    Do
        RS.Find "住所1 Like '東京都*'"
        If Not RS.EOF Then
            Debug.Print RS("顧客名"), RS("住所1")
            RS.MoveNext
        Else
            Exit Do
        End If
    Loop
    
    RS.Clone: CN.Close
    Set RS = Nothing: Set CN = Nothing
    
End Sub

----------------------------------------------------
Null 値の検索

    Do
        RS.Find "住所1 = Null"
        If Not RS.EOF Then
            Debug.Print RS("顧客名")
            RS.MoveNext
        Else
            Exit Do
        End If
    Loop

----------------------------------------------------

カレントレコードは最初に見つかったレコード


ADO 2.5 API リファレンスより

Find (Criteria, SkipRows, SearchDirection, Start)

Criteria 
検索に使用する列の名前、比較演算子、および値を指定するステートメントを含む文字列型 (String) の値を指定します。 

SkipRows 
省略可能です。検索を開始する、カレント行または Start ブックマークからの行のオフセットを指定する長整数型 (Long) の値を指定します。既定値は 0 です。既定では、カレント行から検索が開始されます。 

SearchDirection 
省略可能です。検索方向に向かって、カレント行または使用可能な次の行のどちらから検索を開始するかを指定する SearchDirectionEnum 値を指定します。検索に成功しなかった場合、この値に adSearchForward が指定されていると、Recordset の終わりで停止します。また、検索に成功しなかった場合、この値に adSearchBackward が指定されていると、Recordset の先頭で停止します。 

Start 
省略可能です。検索の開始位置として使用するバリアント型 (Variant) のブックマークを指定します。 

 ↓ facebook のフォローで応援してください。お願いします。



Microsoft Office ブログランキングへ