モジュール表示
DoCmd.OpenModule "モジュール名", "プロシージャ名"

■AcViewクラス定数
acViewDesign
acViewNormal(既定)
acViewPivotChart
acViewPivotTable
acViewPreview

■AcOpenDataMode
acAdd
acEdit(既定)
acReadOnly


レポートを開く
DoCmd.OpenReport "レポート名", AcViewクラス定数, FilterName, WhereCondition, AcWindowModeクラス定数, OpenArgs

■AcWindowModeクラス定数
acWindowNormal(既定)
acDialog ダイアログ
acHidden 非表示
acIcon 最小化


テーブルを開く
DoCmd.OpenTable "テーブル名", AcViewクラス定数, AcOpenDataModeクラス定数

マクロを実行
DoCmd.RunMacro "マクロ名", RepeatCount, RepeatExpression

SQLを実行
DoCmd.RunSQL "SQLステートメント", UseTransaction

■UseTransaction
True '使用
False '使用しない


条件を指定してデータを抽出
DoCmd.ApplyFilter FilterName, WhereCondition

レコード検索
DoCmd.FindRecord FindWhat, AcFindMatchクラス定数, MatchCase, AcSearchDirectionクラス定数, SearchAsFormatted, AcFindFieldクラス定数, FindFirst

■FindWhat
ワイルドカード使用可 * ? # [ ] [ - ] [! ]

■AcFindMatchクラス定数
acAnywhere '部分一致
acEnire(規定) '全体一致
acStart

■AcSearchDirectionクラス定数
acDown
acSearchAll(規定)
acUp

■AcFindFieldクラス定数
acAll '全てのフィールド
acCurrent(規定) 'カレントフィールドのみ


次のレコード検索
DoCmd.FindNext

再クエリでデータを最新に更新
DoCmd.Requery "コントロール名"

再クエリ+フィルタ解除 全てのレコード再表示
DoCmd.ShowAllRecords

コントロールを移動
DoCmd.GoToControl "コントロール名やフィールド名"

オブジェクトを選択
DoCmd.SelectObject AcObjectTypeクラス定数, "オブジェクト名", InDatabaseWindow

■InDatabaseWindow
True '閉じているオブジェクトを選択
False '開いているオブジェクトを選択


オブジェクトの名前を変更
DoCmd.Rename "新オブジェクト名", AcObjectTypeクラス定数, "現在オブジェクト名"
★開いているオブジェクトの名前は変更できない


オブジェクトを印刷
DoCmd.PrintOut PrintRange, PageFrom, PageTo, PrintQuality, Copies, CollateCopies

オブジェクトを保存
DoCmd.Save AcObjectTypeクラス定数, "保存オブジェクト名"

オブジェクトを閉じる
DoCmd.Close AcObjectTypeクラス定数, "オブジェクト名", AcCloseSaveクラス定数

■AcObjectTypeクラス定数
acDefault(既定)
acDataAccessPage
acDiagram
acForm
acMacro
acModule
acQuery
acReport
acServerView
acStoredProcedure
acTable

■AcCloseSaveクラス定数
acSavePrompt(既定)
acSaveNo
acSaveYes



Accessを終了する
DoCmd.Quit AcQuitOptionsクラス定数

■AcQuitOptionsクラス定数
acQuitPrompt '変更があった時にメッセージ
acQuitSaveAll(既定) '変更を保存
acQuitSaveNone '変更を保存しない


警告メッセージ 表示オンオフ
DoCmd.SetWarnings WarningsOn

■WarningsOn
True 'メッセージオン
False 'メッセージオフ


画面の動きを止めてコードを実行 (ExcelのScreenUpdating)
DoCmd.Echo EchoOn, StatusBarText

■EchoOn
True '動く
False '動きを止める

■StatusBarText
ステータスバーにテキストを表示


以下、アクティブウインドウが対して有効 --------
★SetFocus, SelectObject でアクティブにしておく

ウインドウを最大化
DoCmd.Maximize

ウインドウを最小化
DoCmd.Minimize

ウインドウの位置・サイズの変更
DoCmd.MoveSize Right, Down, Width, Height

■単位
twip 印刷時の1cmが567twip


最大化・最小化したウインドウを元のサイズに戻す
DoCmd.Restore

------------------------------------

Accessメニュー・ツールバーのコマンドを実行
DoCmd.RunCommand acCommandクラス定数

■acCommandクラス定数
以下、ウインドウ関係
acCmdAppMinimize 'Accessウインドウの最小化
acCmdAppRestore 'Accessウインドウを元のサイズに戻す
acCmdDocMinimize 'アクティブオブジェクトのウインドウを最小化
acCmdDocRestore 'アクティブオブジェクトのウインドウを元のサイズに戻す
ほか。ヘルプ参照


 ↓ facebook のフォローで応援してください。お願いします。



Microsoft Office ブログランキングへ